月間ADマガジン ~皇女の騎士AD”アーゼンシリーズ”~

 ・・なんというか独特な空気だ・・。初めてフェイノー帝國に降り立ったが圧倒されっぱなしだ。街に流れる皇女陛下の新曲を聞きながらフェイノー帝國軍基地へ向かった。正直なところ緊張していたことは否めない。フェイノー帝國はキョクコウ国やブリストン王国,エスパイン王国などと同様に議会をもつ立憲君主制の国家であるがやはり目立つのはユイ皇女陛下の存在だろう。筆者が生まれた頃から変わらぬ美貌をもつ皇女陛下は謎が多い・・それ故に帝國臣民は惹かれるのだろうか・・?と、考えている内に基地に到着したようだ。今回のAD”アーゼンシリーズ”について紹介しよう。
 AD”アーゼン”は皇女騎”真・シュバルアーゼン”を大幅にデチューンし,量産化のために設計を最適化したものだ。パワーパックはキョクコウ製RO3-900TPSC*2を採用し,両肩にフォトン増幅器と加速器を搭載し,フォトン供給力を強化している。
ファンタシースターオンライン2_20190518230219.jpg
<全高・・B+,重量・・B+,攻撃・・A-,防御・・C,機動・・A,攻撃適正・・近~中>
  • 全高・・B+  特記事項なし
  • 重量・・B+  装甲材の変更により軽量化。平均的な重量と言えるだろう。
  • 攻撃・・A-   タケダ工業のパワーパックによる高い出力によるもの。ただ,少々燃費が悪いのが難点か。
  • 防御・・C    軽量化の影響か防御力が少々低いようだ。次回の改修で防御力向上に手を付けるようだ。
  • 機動・・A    フルードパワーパルスコンバーターにより高い機動力を発揮する。
  • 攻撃適正・・近~中  ブレードとライフルを巧みに使い分けられる並列処理型FCSを採用。
 ファンタシースターオンライン2_20190513232301.jpg
<ヴァイスアーゼン>
 フェイノー帝國独自のADアーゼンだが,部分的に同盟国であるパワーパックやFCSなどにキョクコウ国の技術を用いている。RO型のパワーパックを採用することでスムーズな出力特性を発揮し,フルードパワーパルスコンバーター(FPPC)の性能を引き出している。主な兵装はブレードとライフルで幅広い戦闘域に対応する。また開発中ではあるがロッドも使用可能となっており,攻撃力を重視した”やられる前にやれ”という帝國の設計思想に従った機体である。装甲材はアリタリウム系合金を使用,これは皇女騎と同様だが材料グレードと使用量を数段落としているので同様の防御力ではない。質量比で見れば良好な防御性能だろう。
 独特な機構をもつ本機は整備もまた独特な技術が求められる。RO型パワーパックは部品の消耗が早く,また潤滑液も減少しやすいためこまめな整備が必要だ。目玉であるFPPCも癖が強く採用しているのはフェイノー帝國のみということからも整備事情が伺い知れるだろう。

この記事へのコメント

  • アイデンティティⅤ

    これらのキャラクターはとてもクールです、私はそれらが好きです
    2020年01月15日 18:40
  • 蒸気撃



    >アイデンティティⅤさん
    >
    >これらのキャラクターはとてもクールです、私はそれらが好きです

    ありがとうございますー。今後ともよろしくお願いしますー。
    2020年01月16日 23:35

カテゴリ